記事一覧

<台風接近中>

東日本大震災復興支援チャリティ<451>は、10月13日の午後、長野県長野市のホクト文化会館小ホールで行われます。小生は、前日の12日に出発するつもりで航空券を購入していましたが、台風19号が接近中で、12日には日本列島に上陸するそうです。こりゃまずい。 昨日、出発を11日に変えようと航空券予約変更を試みましたが、11日はすでに全便満席状態でした。それでは・・10日は? と聞くと、夜の便がわずかですが空いているとの...

続きを読む

<11月に安平町で慰問コンサート>

昨年9月、北海道胆振東部地震で被災した町、安平町。この町で11月24日に3度目の慰問コンサートを行なうことになりました。 震災後、初めてこの町でチェロを弾いたのは2月11日に公民館で。 2度目は3月16日に仮設住宅の談話室で。安平町公民館 2019年2月11日 3度目、11月のコンサート会場は青葉会館 (安平町追分白樺2-51)です。今年5月に札幌市手稲区の 「玄米ごはん カフェjojo」 で行われたチャリティコンサート<437>で、...

続きを読む

<今後のコンサートスケジュール>

<今後のコンサート スケジュール> ● 印は東日本大震災復興支援チャリティコンサート ★ 印は北海道胆振東部地震復興支援チャリティコンサート 青字は最近新たに決まった活動◇ 印はピアニスト 鳥居はゆきさんが共演 ●◇ <450> 10月8日 (火) 東日本大震災復興支援チャリティ 講演とチェロ演奏 ”あなたを忘れない”  「遺品のチェロにまつわる不思議なお話」 Lakura 18:30開演   お問い合わせ  090-1642...

続きを読む

<山元町からトイレ水洗化工事経過報告>

山元町の 「みんなのとしょかん管理責任者」 の菊地慎一郎さんから、トイレ水洗化工事のこれまでの経過と現況ついて、お知らせがありました。全文をご紹介させていただきます。  水洗化支援について、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。土田英順先生みんなのとしょかん山元     《秋の気配もそこはかとなく訪れているような昨今ですが、いかがお過ごしですか?》《さて、図書館トイレ水洗化については、格段のご高配...

続きを読む

<selfbuild で。山元町の人たち>

” じいたんドームに水洗トイレを作ると、予算はどのぐらいになるかなぁ ” 今年6月、チャリティコンサートで訪れた山元町。 2014年、 「じいたん子ども基金」 がお手伝いをさせて頂いて完成したビニールと木材を使った簡素な集会所は、未長く使える借地に建物ごと移転していました。その前の道路の地下には上水道、下水道が通っているそう。札幌に帰った数日後、水洗トイレを作ってあげたい一心で、 「じいたんドーム」 と、目と...

続きを読む

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ