記事一覧

<じいたん子ども基金 収支報告 7月分>

「じいたん子ども基金 収支報告 2022年7月分」 をご報告させていただきます。                【基金収入の内訳】① チャリティ コンサート会場で募金 ② 基金の口座へ振込み ③ 手渡し ● 収支報告は、2012年12月31日(初回) にご報告以後、毎月末にご報告して参りましたが、月の下旬から翌月にかけて演奏旅行などがある場合は、ご報告が翌月になることがございますので、ご承知おきくださいますようお願いいた...

続きを読む

<父を思う娘心>

先日、練習をはじめて30分ぐらいすると、左手人差し指に鈍い痛みを感じ、すぐ練習を止めました。 コンサートがあってもなくても、練習は休まずに続けているので、関節に負担がかかったのか、筋肉が疲労したのか、高齢による衰えなのか原因はわかりません。こういう時は すぐ練習を止め、孝行娘が送ってくれた筋肉痛や関節痛に効く「メタックス テープ楕円形タイプ」を痛む箇所と、その周囲に貼って手指を休めることです。※ こんな...

続きを読む

<今後のスケジュール>

小生の散歩道。 広葉樹、針葉樹などが大地を覆う原生林からは、絶え間なく野鳥のさえずりが。 エゾリスやキタキツネに出会うことも。  北海道立 野幌森林公園内。7月12日現在のコンサートスケジュール等をお知らせ致します。7月24日(日) 旭川市新人音楽会公開オーディション審査。        旭川市大雪クリスタルホール音楽堂。  10:30開始。7月29日(金) 帯広音楽鑑賞協会主催「土田英順チェロコンサート」 ...

続きを読む

<夏の絵本>

東日本大震災の地震・津波による家屋の流失、損壊で、深刻な被害を受けた宮城県亘理郡山元町の人々と交流が始まったのは2013年8月でした。 その後も東北に行く度に立ち寄ってチェロを弾いていましたが、コロナ禍となり、2019年12月に訪れて依頼、ご無沙汰したまま時は流れています。お会いできずにいても、水洗トイレ建設に協力したり、書店が一軒もない人口が1万2~3千人ぐらいの小さな町に誕生した、「えほんかん」にも絵本を送...

続きを読む

<追伸 札幌ユネスコ協会のチャリティコンサート>

8月20日に札幌市中央区の豊平館で開催される「札幌ユネスコ協会主催のチャリティコンサート」のチケットが、残り数枚になりました。問い合わせ先: 090ー1528ー1334 國田さんへ...

続きを読む

<札幌ユネスコ協会 初のチャリティコンサート>

札幌市中央区の中島公園内にある豊平館は、明治時代に建設され、国指定重要文化財に指定された西洋館で、小生にとっては懐かしい思い出深い建物です。飲み友でピアノ調律師の米沢さん(故人)から、豊平館の広間で室内楽コンサートをやったらどうですか・・ 手伝いますよ。 と言われ、年に3回定期的な室内楽シリーズがスタートしたのは、小生が40代の時でした。グランドピアノがある2階の広間。 館内にある椅子を全部使って150...

続きを読む

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ