記事一覧

今年最後の東北被災地チャリティツァー 7 <頑張り過ぎはいけません>

12月10日~11日、仙台に滞在した2日間、随分頑張ったなぁ。 どんな世界に身を置いていても、どんな仕事に従事していても、人生やってりゃ頑張るのは当たり前のことですが。

仙台駅東口からホテルまで歩いたのは3往復半。 チェロと荷物を持って歩くのはしんどい距離なのに、1往復半歩いたし、飲みにいくのにはショルダーバッグだけでしたが2往復。

高齢者がチェロを持って、1日に5,000歩以上歩くのは頑張り過ぎでした。 頑張るのはよいけれど、頑張り過ぎはいけません。

2日目の夜、はっちゃんと居酒屋で飲んでホテルに戻ったら、風呂に入る気も、シャワーを浴びる気もしませんでした。

22:00頃、肩と腰4ヵ所に貼った湿布をはがして汗を拭き取り、新しいシャツに着替えて睡眠に入ろうと横になると、ん? なぬっ?

ズキンズキンとアンダンテぐらいのテンポで右肩が痛むではありませんか。 チェロを入れた9㎏のケースを、ベルトで吊った重みが肩の筋肉を虐めたようです。

医師が処方してくれる湿布の量には限度があるため、半分に切って使っているのですが、翌朝目覚めてもズキンズキンが治まっていなかったら半分に切らずに丸ごと貼ろうと思い眠りにつきました。

翌朝目覚めると、ズキンズキンは治まっていました。 湿布を剥がしたあとも、薬は体内に染み込んで眠っている間も効力があるそうです。

さぁ、この日はチャリティツアー本番第2弾。 コンサートは白石市に続き同じ宮城県ですが、今度は亘理郡山元町の 「じいたんドーム」 です。  トイレ建設工事の進捗状況はどんなかな、楽しみです。

1576286356170.jpg 

朝、10:00に山元町からお坊さんの坂野さんがホテルに迎えに来てくださいました。

つづく。

✩✩ 12月19日にソロプチミスト サッポロのムラカミ ヨウコさんから¥10,000を 「じいたん子ども基金」 にお預かりしました。

ムラカミさん、ご厚情に心より感謝致します。 ありがとうございました。               

      東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

ご支援、よろしくお願い申し上げます。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ