記事一覧

今年最後の東北被災地チャリティツァー 9 <山元町のG7とバーテン>

現在の人口約12,000人の町、山元町。 東日本大震災以後、若い人たちの多くが町を出て人口が減少しました。

町の人のお話では、遅い復興にしびれを切らして若者たちは、町を出て行ってしまったそうです。

町に残った多くは高齢者。 復興に向けて先頭に立って頑張るお爺さん7人。 このグループを《G7》と呼び、お婆さん10人のグループを《バーテン》と呼んでいるそうです。

さて、12月12日の14:00から、G7とバーテンの町の 「じいたんドーム」 で東日本大震災復興支援チャリティ<461>が行われました。

「じいたんドーム」 は、皆さまからお預かりしたお金、 「じいたん子ども基金」 が支援し、復興を目指して先頭に立つ町の有志たちの努力で造られた、ビニールと木材を使用した集会所です。

2019年6月27日に訪れた時の写真。

DSCN9965.jpg 

6月27日、大震災復興支援チャリティ<442>にお集まりくださった山元町の人たち。 左から2人目は普門寺の住職、坂野さん。

DSCN9970.jpg 

公的な建物をすべて津波で失い、何もないところに造られた集会所 「じいたんドーム」 。

建物に鍵はなし。 町民が何時でも自由に出入りができ、利用も無料。 利用希望者はドーム内に貼ってある申込表に日時と催し物名、利用責任者の名前を記入すればそれでOKです。

数年前、彼等は集会所内に簡素な炊事場を作りました。 簡素な集会所に簡素な炊事場。 彼等がこの集会所に如何に愛着を感じて大切に利用しているかを、うかがい知ることができます。

DSCN0741.jpg 

クラビノーバも 「じいたん子ども基金」 の支援です。

DSCN0745.jpg 

<461>で、はっちゃんは、お得意の弾き語り3曲を披露し、拍手大喝采を浴びました。

DSCN0747.jpg 

無施錠の会場にクラビノーバは置けないと、普段は近くのお寺、 「普門寺」 で保管し、何かのイベントで使う時だけこの会場に運ぶそうです。

つづく。

              東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

ご支援、よろしくお願い申し上げます。

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ