記事一覧

Ⅱ連戦 初戦は親子向けコンサート

6月29日、30日、 「吉野作造記念館」 でのチャリティ コンサート、<434・444>


プロ野球式に言えばⅡ連戦。 初戦は親子向けコンサートでした。


子どもがたくさん聴きに来てくれるかな・・ と思ってステージに出て見ると、お客さんは40人ぐらい? で、子どもは数人しかいませんでした。 

最前列にいた幼い男の子は静かにして熱心に聴いてくれました。 

嬉しくなった小生は男の子に、 ” 静かに聴いてくれてアリガトネ。 これ、知ってる? ” と言って、 「どんぐりころころ」 を弾きました。 もちろん予定にはありません。  ハプニングです。

リズムに合わせて首を横に振り笑顔で聴く若いお母さん。 ニッコリ笑った男の子。

嬉しいな。 こういうのって。

寄贈されたピアノ


終演後、打ち上げパーティがありました。 ん? 打ち上げ? まだ翌日、Ⅱ戦目の一般向けコンサートがあるじゃん。

そうなんですが。 多忙なピアニスト、北矢由美さんは翌日、終演後に東京にお帰りになるので繰り上げて打ち上げをやったのです。

打ち上げパーティには弘法寺住職、仲良しのお坊さん、大坪龍勝さん、

DSCN2023.jpg  

宮城県議会議員の中島源陽さん、吉野作造記念館 理事長、佐藤俊明さんらと料理のコースを楽しみました。



DSCN0008.jpg 


DSCN0010.jpg   


DSCN0011.jpg                           
                                              

DSCN0013.jpg                                                                       

つづく。
  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ