記事一覧

<心はホッカホカ>

コロナ、コロナ、コロナ。 気が重い日が続いています。 収束の気配はなく、感染が拡大しても、国や自治体のリーダーらは同じようなことを繰り返し言っているだけで、耳にタコが出来そうです。


スッキリしない重い気持ちでいるときに、一服の清涼剤となるのは、人々の優しさや、温かな心に接する時です。


「ボストンバッグにチェロと酒」に度々登場する「じょじょのせっちゃん」こと、山崎節子さん。 彼女は札幌市手稲区の手稲山山麓で、「玄米ご飯・カフェじょじょ」を経営しています。 その彼女からメールを頂きました。


《英順さんファンのお客様が、とても素敵な押し花の額絵をたくさん寄付してくださいました。 売上は全てじいたん子ども基金にとのこと。 英順さんのブログを読んで、何かしたい!と思われたそうです。》 


        英順さん3 


何かしたい! と思われたご婦人は松原さん。 じょじょで行われる小生のチャリティコンサートには、ご主人と一緒に何度かお見えになっておられるそう。 


                       英順さん1 


その数日後、再びせっちゃんから。 《じいたん子ども基金に18,700を振込みました。 押し花の額絵などをじょじょで販売した15,200円と、いつもじょじょのチャリティコンサートでどら焼き販売で支援して下さっている方から託された3,500円です。》


せっちゃんは飲食業。 店が潰れないように頑張ります、って言ってたっけ。 彼女はコロナでご自身の店が大変な時なのに、被災して困っている人たちのことを忘れることなく心を寄せる人。


                         DSCN3749.jpg 


だからでしょう。 彼女の所へ集まって来る人は、みぃ~んな素敵な人ばかり。 押し花の額絵をたくさん寄付して下さった松原さんはもちろんのこと、どら焼き販売のご婦人も。


チャリティコンサートが出来なくて、練習ばっかりっていうのも大変でしょ・・と、ご主人と一緒にうまぁ~い酒一升を、ナビを頼って拙宅まで届けてくれたひとみちゃん。


かをりちゃんは、お父様の介護で大変な毎日なのに、活動が始まったらまたお金がいるでしょ・・って活動費を送ってくださいました。


彼女らの優しさ、温かさに接すると涙がこぼれそう。


小生を応援して下さることは、被災地支援に繋がります。 被災3県の皆さん、「ボストンバッグにチェロと酒」を読んでくださっているかなぁ。 皆さんを応援している人がたくさんいることを知って、これからも頑張ってほしいです。


          ・・・・・・   ・・・・・・   ・・・・・・

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  




  

コメント

Re: 野外コンサートは可能ですか

お久しぶりです。りんご園でチェロの響・・素敵ですね。 ただ、チェロは直射日光、雨などが苦手です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ