記事一覧

<続・今年の初フライト>

前回の「今年の初フライト」の続編です。


拙宅からチェロとスーツケースなどの荷物を持ち、公共の交通機関を利用して新千歳空港へ行くのは、小生のような年寄りにとっては、難儀極まりないことです。 


拙宅→バス停、歩いて約7~8分、バス停→JR新札幌駅、約10分、新札幌駅→新千歳空港、約30分。 


新札幌駅から乗車する場合、札幌から来る空港行の「エアポート」という快速電車は、時間に関係なく大きな荷物を持った人たちで混んでいて、座席が空いていることは滅多にありません。 もっと本数を増やしてほしいものです。


年寄りがチェロと荷物を持って乗っても、未だかつて席を譲ってくれた若者は一人もいません。 スマホに夢中か居眠りです。 だから小生は空港に着いたら、もう疲れちゃってるんです。 


ありがたいのは、札幌市内→新千歳空港までの定額割引タクシー料金です。 拙宅からメーター料金ですと¥10,000は超えてしまいますが、定額割引料金ですと、小生の住む厚別区や、お隣の白石区など、札幌市内でも新千歳空港寄りの地域ですと、空港まで¥7,500です。(最近¥500値上げしました)


中央区や西区、南区など、空港から遠い区は割引料金でも、これより高くなるそうですが。 タクシー会社によっても違うようですので、ご利用なさるときは会社にご確認ください。 


小生、今回は自宅から定額割引を利用して行きました。


チェロのケースには、JALが作った各都市のステッカーをベタベタ貼りました。 コンサートで訪れた時の思い出に貼ったんです。 これをみると、JALの皆さん、誰もが喜んでくださいます。


                                               IMG_20201030_095611.jpg 


機内でのこと。 


離陸前で客室乗務員の皆さんが、忙しそうに立ち働いているのに、ケースに貼ったステッカーに気がついた乗務員さん、《わぁ~嬉しい! 貼ってくださって! 岡山のあります? 私、岡山県出身なんです。》


” ありますよ。 岡山県では岡山市内でコンサートをやったし、山を宅地造成工事して住宅地にした、JR岡山駅より岡山空港に近い吉備町でも、広島県との県境の手前の笠岡市でもコンサートをやりました。 市長も聴きに来てくれて、打ち上げで一緒に酒を飲みましたよ。”


                  DSCN4295, 


このキャビン アテンダントさん、わぁ~、わぁ~、すご~い、すご~いと興奮気味でした。 いいんですかね、忙しい最中にこんなお喋りしていて。


東京恵比寿の楽器屋さんに所用があって日帰り超ミニ旅行。 羽田空港⇔恵比寿の楽器屋さんの往復なんですが。 混んだ電車での移動は、年寄りにはコロナが怖いんです。 タクシー移動をするつもりでしたが、それを知った横浜に住む孝行娘が、足になってくれることになりました。


つづく。 


★ このブログのタクシーの定額割引料金の部分で間違いがあり、読者の方からご指摘がありましたので、訂正させていただきました。 失礼いたしました。 

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  




 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ