記事一覧

<別れ>

「今年の初フライト・東京恵比寿の楽器屋さん、ミュージックプラザに到着」の続編です。  


小生をチェロ弾きとして育ててくれて、家族も養ってくれたニコロ・ガリアノ作のチェロが、小生の下にきてから40年ぐらいになるでしょうか。


                    1604035515455.jpg 


ニコロは、クレモナの巨匠・ストラディバリウスの工房で仕事をしていた、アレッサンドロ・ガリアノの息子です。 アレッサンドロがナポリに帰郷後、数代続いたガリアノ一族の数多い職人の中で、ニコロは2代目で、最も腕の立つ職人として定評のある人です。


そのチェロが小生の下へきてから、小生が住む札幌でのコンサートは勿論、北海道の何処へでも、東京へも沖縄へも、日本国内の何処へでも、韓国やサハリンへも連れていき、ニコロはいつどこへ行っても、小生の期待に応える音色を響かせてくれました。


                 サハリンの劇場で


                                277.jpg 


しかし、東日本大震災が発生し、震災後初めて訪れた東北の被災地、岩手県大船渡市で被災したチェロに出会い、亡くなったチェロの持ち主のご遺族や、友人らの願いで遺品のチェロを使うようになって、ニコロの出番がめっきり少なくなりました。


遺品のチェロの持ち主、舩渡洋子さんがチェロを残して旅立ったのは74歳の時。 山形市に嫁いだ娘さんの山口由香さんは、小生がお母さんのチェロを使って大船渡でコンサートをやると、山形から5時間の道のりを1人で運転して聴きにこられました。


その後、山形から函館に移転した彼女は、小生が「函館美術館」や、函館山の頂上にある「クレモナホール」でのコンサートでも、客席には彼女のお姿がありました。


また、函館在住の医師の息子さんは、「遺愛学園講堂」でのコンサートに花束を持って、奥さんと、お子さんを連れてお見えになりました。


震災後、毎年コンサートを行なっている、仙台に近い大崎市古川の「吉野作造記念館」には、仙台にお住まいの姪御さんとお母さんが聴きに来てくださいます。


洋子さんとそのチェロは、ご遺族の皆さんに愛されているのです。


出番が少なくなってしまったニコロには申し訳ないと思いながら、小生は洋子さんの遺品のチェロを使うことに喜びを感じていました。


そうした中で、今後、ニコロに活躍してもらうにはどうしたらよいだろう、と、ずっと考えていました。 よいチェロを探していてもなかなか出会えない、優秀な若いチェロ弾きがいるはずです。 そのうちの誰かに譲った方が、ニコロのためにも、将来性のあるチェロ弾きにとってもよいのではないか、と考えるようになりました。


「会うは別れの始まり」と言っても別れは辛いもの。 なかなか決断実行できずにいましたが、先月、東京恵比寿の楽器屋さん、「ミュージックプラザ」へ持って行き、ニコロに別れを告げました。


      10月28日、ミュージックプラザに到着 ” ニコロ、お別れだ、寂しいよ。”


          line_32588864931993.jpg 


               店内に入り、受付へ 寂しい


       line_32604110812144.jpg  


              社長さんを待つ間も、寂しさでいっぱい


       1604035248293.jpg 


    社長さん、入念なチェック  上の階には製作・修理工房があり、職人さんも立会いました。


       1604035295285.jpg  


                    1604035334445.jpg 


                                        合格!


                              1604035484296.jpg 

 

               小生は涙をこらえてサインしました。


      1604035503913.jpg 


                  別れ。ニコロ、ごめんね。


                  1604035559154.jpg 


ニコロ! 長い間ありがとう。 オレはオマエのおかげで長く演奏を続けることができた。 いくら感謝しても感謝しきれない。 新しい主の下でオマエが持っている音、「ニコロの音」を響かせてくれ。 オレも年寄りだが、オマエはオレの3倍ぐらい年寄りだ。 身体に気をつけるんだぞ。 達者でな。


東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  






コメント

姉とお世話になっていた頃、まだ新米ニコロチェロだったのでしょうか。脈々と受け継がれ、弾き続けられますように!土田先生との40年間、ニコロにとっても幸せな年月だったと思います。

No title

そうですよ。あの頃はニコロと出会ったばかりでした。 別れはつらいなぁ。未だに寂しくて寂しくて。 毎日、洋子さんの遺品のチェロが慰めてくれています。 

感慨ひとしお。

ニコロとのお別れはじいたんにしか分からないものですね。人生の大半を共にした相棒ですものね。
私はニコロの生の音を聴くことはありませんでしたが、きっと洋子さんのチェロも、ニコロのように心に染みるような音色を届けて下さるのだろうと思います。
じいたん!ニコロに負けないくらい長生きして下さい!

アル中、気をつけます。

ニコロと別れて、今日が21日目なんですが。 未だに寂しくて寂しくて。 寂しさまぎれに焼酎の量が増えました。 飲まずにいられるか! っていう感じです。
時が解決してくれるでしょう。 アル中にならないように気をつけないと。 ん? もうなってるか。(笑)
ニコロより長生きしろって? そりゃぁ無理だ。 アハハ

あらら・・

アル中寸前ですか?再来年(2022)にはコロナも少しは収束してると思います。そしたら古川でまたコンサートやりましょう。美味しい焼酎を用意してお待ちいたします。
こりゃダメかな?ウフフ(^^;)

1年ぶりに再開

北海道胆振東部地震で大きな被害があった、札幌市清田区里塚の、「里塚美しが丘地区センター」で、来月20日に東日本大震災復興支援のチャリティコンサートが開催されることになりました。去年、いわき市でやって以来、1年ぶりです。
会場は天井が高く、空間が充分あるので、収容率など、感染防止対策を講じれば大丈夫ではないかと。 主催者がそうおっしゃるのに尻込みするわけにはいきません。毎晩麦焼酎25%のロックを飲み、頑張るじいたんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ