記事一覧

<84歳になりました。>

昨日、1月11日は小生の誕生日。 84歳になりました。 この年で、よくもこんなに健康で、元気でいられるものです。 1959年4月、22歳で日本フィルに入団し、コンサートの後は、20歳代の独身同士のチェロ弾きと、赤提灯の安い焼き鳥屋さんでよく飲んだもんです。


50までチェロ弾けるかなぁ・・ 50なら弾けるよ・・ 60は無理かなぁ・・ つまらん話をしていたなぁ。


当時、オーケストラには組合がなく、楽員はオーケストラと雇用関係もなく、1年ごとの個人契約で、契約なのに契約金はなく、契約だからやめる時に退職金もなく、それでも平気だった気楽な時代でした。


団員の多くが中年期かそれ以上になり、将来に不安を感じるようになると、日本各地のオーケストラでは次々に組合が結成され、待遇改善を要求するようになりました。


給与体系、定年制度、退職金制度も確立され、日米四つのオーケストラを渡り歩いた小生の場合、四つ目に在籍した札幌交響楽団で、60歳の誕生日がオーケストラ活動からサヨナラする日となりました。


しかし、オーケストラに定年があっても、音楽家に定年はありません。 札響の土田から、チェロの土田になると、仙台フィル、大阪フィル、大阪センチュリーオーケストラなどから客演首席奏者として招かれましたが、それ以後、現在は全くの一匹狼です。


さて、84歳の誕生日。 生活していくのに誰もが自分のことで大変なのに、小生の誕生日を覚えていてくれる人がいるのはありがたいことです。 遠方からは横浜に住む娘や孫、根室管内にお住まいのご婦人から、Lineにスタンプ付きでお祝いメッセージをいただきました。


近くに住む中学3年生の孫娘からは、「じいたん、お誕生日おめでとう! 出前館から美味しい料理が届くよ~、待っててね!」


届いたのは、小生が好きなイタリアンレストラン・クッチーナの料理でした。


ワインは家にあったスペインの白ワイン。 コンビニで買った数百円の白ワインで、小生の身の丈に合ったワインです。


              IMG_20210112_090728.jpg  


   IMG_20210111_192030.jpg 


   IMG_20210111_192111.jpg 


84歳と78歳はお互いに健康に感謝しながら、料理を楽しみました。 これからもチェロを弾きながら、人生ゆっくり行こうと思います。


        ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・

  

東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

  

コメント

おめでとうございます!

84歳おめでとうございます!福島の父母は、81歳と76歳です。正月は帰省できず、埼玉の姉宅に成人式の娘のお祝いをもらいに行きました>^_^<何も打ち合わせしていないのに、姉から福島名物イカニンジン、私から黒豆と栗きんとんを交換し合いました♪

まだまだ頑張るよ!

ミヤコさん、ありがとう。 正月にご両親に会えなくて残念でしたね。来年は今年の分もたくさん楽しんでくださいね。
姉妹で美味しそうなものを交換し合うって、ホカホカ温かな感じでいいですねぇ。

ピアソラに 癒されました

15年育てた孫娘との別れの寂しさ・・・・ピアソハのアヴェ マリアの演奏で 癒されました。
ありがとうございました🙇
また 素敵な演奏を聴かせて下さい🙇

No title

大田さん、はじめまして。 コメントありがとうございます。
お孫さんは移転なさったのですか? お会いできる日を楽しみに、成長を楽しみにお過ごし下さい。
ピアソラのアヴェマリア・・・はて? いつのコンサートかな? ユーチューブかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ