記事一覧

<故障したゲルマニウム半導体検出器>

東日本大震災が起きた2011年の秋、Kさんからメールが着信しました。 札幌にお住まいのKさんは、3日間休暇を取って上京し、国会議事堂前で行われた、原発反対の座り込みデモに参加しました。 彼女は福島からデモに参加した人たちと一緒に原発反対を訴え、終了後、彼らと一緒に福島へ行きました。

放射能汚染は、福島市内の各所でも広がり、その中で子どもがたちが無邪気に遊ぶ姿に接し、将来、子どもに被ばくの症状が出た時のことを思い涙がこぼれたそうです。

小生が支援チャリティ活動を続けていることを知っていた彼女は、募金の半分でもよい、無理なら一割でも二割でも・・ 子どもたちのために「福島市民放射能測定所・・(ふくしま30年プロジェクトに改称)」に寄付をしていただけないか・・ という趣旨のメールだったと記憶しています。 

自らの手で放射能測定を行ない、情報を公開、共有するこの団体ですが、放射能を精密に測定するための「ゲルマニウム半導体検出器」が、2014年秋から動作不安定になっていたところ、12月上旬についに故障してしまいました。

故障の原因が根深いため、修理には製造元のアメリカに戻さなければならないことがわかりましたが、幸い代理店の好意で代替機を貸してもらい、そのゲルマを使用して測定を継続してきました。 しかし、今年2月13日に起きた震度6弱(福島市)の地震で代替機も悪化したため、中古の「ゲルマニウム半導体検出器」を購入することにしました。

整備費や運搬費を含めて100万円。 小生は先日、皆さまからお預かりしたお金、「じいたん子ども基金」から5万円を送金しました。

「ゲルマ購入のための寄付案内」 

期間:2021年3月9日~31日  目標:100万円
振込先:ゆうちょ銀行  記号:18270  番号:30515131
口座名義:トクヒ)フクシマサンジュウネンプロジェクト

よろしくお願いいたします。

☆☆ 3月11日に札幌市内の小劇場で行われた「東日本大震災復興支援・無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。

動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。 

               ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・

         東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                  北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ