記事一覧

<山元町のじいたんドームに是正勧告>

コンサート後の交流会で。 支援は少なくなりました・・ ボランティアも来なくなりました・・ 鉄道は未だに復旧していません・・ この町は見捨てられた町なのです・・ 

2013年8月、チェロを持って宮城県の小さな町を訪れた時、住職が寂しそうにおっしゃったお言葉が今も忘れられません。 小さな町とは人口1万2~3千人の山元町。

更に別の町民が。 集会所、公民館など、町の全ての公的な建物を津波で失ってしまったのです・・ ビニールハウスを作って集会所にしようと思うのですが、ビニールを買う金がありません・・ ビニールを支援していただけないでしょうか・・

彼らとは初対面。 切実な訴えに心を打たれました。

北海道の大都市、札幌はもちろん、北方領土・国後島が眼前に見える標津町にも、船に乗って奥尻島にも、北海道全土に行きチェロを弾いてお願いした募金。

津軽海峡を飛行機で越え、電車で越えたりして17都道府県でチェロを弾きお願いした募金。

皆さまからお預かりしたそのお金で、山元町には町の人の念願だった、「じいたんドーム」と名付けられたビニールを使った集会所ができ、昨年には水洗トイレも建設されました。

しかし・・ ささやかな喜びに水をさされてしまいました。

先日、同じ敷地内にある、「じいたんドーム」と、町民に愛されているプレハブの小さな図書館、「みんなのとしょかん」に、宮城県の土木事務所から、登録上の是正勧告が出されたのです。

つづく。

※ 3月11日に札幌市内の小劇場で行われた「東日本大震災復興支援 無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。

動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。  

                  ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・

         東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                  北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ