記事一覧

<じいたん子ども基金 収支報告 6月分>

「じいたん子ども基金 収支報告 6月分」 をご報告させていただきます。

                【基金収入の内訳】

① チャリティ コンサート会場で募金   ② 基金の口座へ振込み   ③ 手渡し 

● 収支報告は、2012年12月31日(初回) にご報告以後、毎月末にご報告して参りましたが、月の下旬から翌月にかけて演奏旅行などがある場合は、ご報告が翌月になることがございますので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。
                                                
               ● 今月お預かりしたご寄付
 
(1)6月1日にムラタ テルさんから¥1,000

(2)6月3日にサトウ アヤコさん、ミヤコさんから\5,000
      
(3)6月8日にヤマザキ セツコさんから¥5,000 
                                                                                      
  (4) 6月9日にナカニシ ノリコさんから¥10,000
                                           
  (5) 6月15日にカサイ スエミさんから¥10,000
                                                 
  (6) 6月16日にアベ カツコさんから¥3,000

(7)6月17日に藤江幸子さんから¥2,000(郵送 15日着)
                                                                                                                                                                                                                                               (8)6月21日にハラ セイコさんから¥5,000

(9)6月24日にトクオ ユキコさんから¥3,000

(10)6月25日に菊池勝祀さんから¥10,000

(菊池さんからは6月24日に小生個人の口座に¥20,000を、お振込み頂きました。 使途についてのご指示はありませんでしたが、これまで通り¥10,000は活動費その他にさせていただきました。)

(11)6月25日にクニタ ヒロコさんから¥10,000

(12)6月28日にメグミノ7 タカハシ サトシさんから¥10,000

今月は上記の12名の方からご厚情が寄せられました。 「じいたん子ども基金」へのご寄付額¥74,000】 でした。

☆☆ 今後も精進を重ね、よりよい演奏を目指してこの支援活動を続けて参りますので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 ありがとうございました。

本日、6月30日の17:00頃〆ました。

IMG_20210630_170912 (2) 

 6月の支援ご報告

<1> 札幌ユネスコ協会へ¥50,000 

             IMG_20210617_164513.jpg 

   IMG_20210617_164050.jpg 

※ 札幌ユネスコ協会会長 横山 清さんからのお便りの1部。

「・・・東日本大震災子ども支援への募金に、継続してご協力いただき本当にありがとうございます。 東日本大震災からちょうど10年。 コロナ禍で不安な学校生活の中でも、奨学金を活用してそれぞれの目標に向かって前進しています。 夢や進学を諦めることなく、被災した子どもたちが3年間安心して学校に通えるよう、私たちは支援を行っております。・・・」

※ 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟 2019年度 活動レポートより。

              IMG_20210430_115539.jpg 

奨学生から感謝の気持ちとともに寄せられたお便り。

   IMG_20210430_113217.jpg 

   IMG_20210430_113356.jpg 

   IMG_20210603_131353.jpg 

※ 日本ユネスコ協会連盟は、自然災害発生後の教育支援と減災教育、東日本大震災 子ども支援 ユネスコ協会就学支援奨学金制度、また、カンボジア、アフガニスタン、ネパール、ミャンマーなど、途上国の学びを支える世界寺小屋運動ほか、さまざまな教育支援も行なっています。

<2> 福島県須賀川市のみんなの食堂 (子ども食堂) ”わらりら・ココヨリ” の食材費等」に¥30,000
             IMG_20210617_164535.jpg 

   IMG_20210624_131412.jpg 

   IMG_20210624_131102.jpg 

<3>子どもたちのいのちを守る会 ふくしま ”子ども食堂いのせんひろば”の食材費など」¥30,000
 
             IMG_20210617_164621.jpg 

   10いのせんひろば (5) 

<4>「NPO法人 3/11甲状腺がん子ども基金へ¥30,000
             IMG_20210617_164638.jpg 

             IMG_20201014_150131.jpg 

   IMG_20201014_150423.jpg 

<5>「NPO法人青空保育たけの子、子ども食堂の食材費等」に¥30,000

             IMG_20210617_164558.jpg 

   DSCN4184.jpg  

「青空保育たけの子」は、福島市と米沢市で子ども食堂を運営しています。

  北陸新幹線 米沢駅。 

   DSCN4236.jpg 

 東京行きホームの弁当売場。

   DSCN4247.jpg 

※ <1>~<5>の振込手数料が計¥500。 手数料の関係で一旦小生個人の口座から振り込みました。

以上、今月の支援をご報告させて頂きました。
 
● 第1回~ 第464回チャリティ・コンサートまでの総入場者数

約33,378名 (2020年11月30日までの総入場者数)+49名(2020年12月の入場者)=   約33,427名 (2021年6月30日までの総入場者数)

※(2021年は、3月11日の無観客チャリティコンサート<464>以外、チャリティコンサートがありませんでした。) 

● 第1回~ 第464回チャリティコンサートまでの総義援金額
                     
 \45,536,360(2021年4月30日までの総義援金額) + \76,000(5月単月分)=
¥45,612,360(2021年5月31日までの総義援金額) +¥74,000(6月単月分)=
¥45,686,360(2021年6月30日までの総義援金額)
         
皆さまの温かなお志のおかげで、上記の支援を行なうことができました。
心より感謝致しております。 ありがとうございました。

今後も東北復興支援、災害被災地支援活動を続けて参りますので、引き続き ご支援をよろしくお願い申しあげます。

※ 3月11日に札幌市内の北海道演劇財団所有の小劇場、「シアターZOO」で行われた「東日本大震災復興支援 無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。 おかげさまで視聴回数は今日までに5600回を超えました。 


 視聴された方から嬉しいコメントもいただきました。 


一曲目の”鳥の歌”の弾き始めから涙が止まらへんわ、、、 凄い演奏だね。


昨夜、TVの大画面で観ました。素晴らしい人の存在を知ることができました。 チェロもトークも楽しみました。 じいたん基金に振込したいと思います。 生で聴ける日が来たら是非足を運びたいです。 楽しみです!


動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。

コメント

尊敬しています

札幌ユネスコ協会、國田です。
引き続きのご支援、ありがとうございます。
「継続は力なり」ですね。
コロナ禍にあっても動画配信、ブログでの呼びかけを続け、東北の子どもさんたちを励まし続けていらっしゃるお姿、本当に尊敬します。
ユネスコ協会の支援活動もご丁寧にご紹介いただき有難いです。
早くコンサートができるといいですね。
生でお聴きしたいです(^^♪

出来る事をやっているだけ。

コメント頂きありがとうございました。嬉しいだけでなく、力になりました。 尊敬? いえいえ、尊敬に値するような事は何もやっていません。 僕は只チェロを弾いているだけ。決して表に出ず、名前も出さずにひたすらこの活動を支え、協力して下さっている人たちこそが尊敬に値する人たちです。
この活動を通じて、人の優しさや、人を思いやる心に何度も何度も接することができたのは、幸せでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ