記事一覧

<気を引き締め集中力を高めよう>

11月4日の夕刻、札幌市の手稲山山麓にあるカフェ、「玄米ご飯カフェ・じょじょ」さんで行われた、東日本大震災復興支援チャリティコンサート<465>。

広くはない店ですがグランドピアノがあり、コンサートを行なう場合、収容人数は約30名。 コロナ感染の再拡大防止、密を考慮して申し込み受付を制限したのでしょう、お集まり下さったのは21名でした。 身近でチェロの音色を堪能なさりたい方、小生の支援活動を心から応援してくださる方、温かな空気に包まれた中でのコンサートでした。

1636024677225.jpg

お客さまの中には松原博美さん、美智子さんご夫妻のお姿もありました。 3年前でしたでしょうか、じょじょのフリーマーケットに押し花の額絵を作って出品された美智子さん。 その益金はすべて小生に寄付をしてくださいました。 「美智子さんは、いつもいつも全額を英順さんに、とおっしゃいます。」 と、じょじょの店主、せっちゃん。(山崎節子さん・・上の写真、左から2人目)

美智子さん、今回も寄付を。 出品された一眼レフカメラ、ボイスレコーダー、皮の鞄、アクセサリー類などの益金¥35,730をご寄付くださいました。 スタッフからも。 かをりちゃんから¥5,000、ひとみちゃんからも¥5,000。 調律師の渡辺さんは、この日も無償で調律をしてくださいました。 調律は多米さん、山口さんもいつも無償で。 大感謝です。 チャリティコンサートを長く続けられるのはこの方たちの支えがあってこそ。 小生の周りには温かな心を持った人がたぁくさん。 小生は幸せ者です。

募金箱には¥26,500。 多くの人に支えられているチャリティコンサート。 チェロ弾きとして皆さまのご厚情に報いるには、お客さんがコンサートにきて本当によかった・・と思っていただけるようなよい演奏をすること。 この日の不完全燃焼の演奏は自分の不注意から。 いいトシをして何をやってるんだ! 自分に腹が立ちます。 気を引き締め、集中力を高めて練習に取り組まなければなりません。 

 3月11日に、札幌市内にある北海道演劇財団所有の小劇場「シアターZOO」で行われた「第464回 東日本大震災復興支援 無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。 

動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。  

                  ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・

         東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                  北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ