記事一覧

<さぁ練習だ!Lakuraへ>

7日の午後、ピアニスト、鳥居はゆきさんと合わせの練習があり、彼女の店、「Lakura」へ行きました。 「Lakura」にはご無沙汰してしまったなぁ。 何と昨年2月以来です。 練習は8日に行なう動画制作のための練習です。 4日のコンサートで、小生の不注意からやってしまった不完全燃焼、消化不良みたいな演奏は二度としたくない!・・気を引き締めて練習だ!

※ 晩秋のLakuraの庭。

1636290019712.jpg

※ テラスに散った落ち葉。

1636290003062.jpg

※ 庭の片隅にひっそりと咲く薔薇。

1636289982301.jpg

じいたんが使うピアノ椅子が壊れちゃったから持って来て~と、はっちゃんからLineがきたので、タクシーのトランクルームにピアノ椅子を積んて行きました。 チェロ弾きにとって、演奏する時の椅子は、楽器の一部と言ってもいいくらい大事なんです。 ピタリとフオームをきめるには椅子の高さを決めないと。 チェロ弾き、一人ひとりみんなフオームが違います。 それぞれが工夫して、一番弾きやすいフオームを作ります。 決めない人、フオームがないのも一つのフオーム。

身長も、腕の長さも、手の大きさ、指の長さ太さ、人によって少~しずつ違います。 だからフオームが違って当然と思います。 プロ野球のピッチャーだって一人ひとり投球フオームが違うし、バッターだってバッティングフオームがみ~んな違います。 みんなメシを食うために自分の体型に合った投げ方、打ち方を必死になって工夫したり研究したりしているのでしょう。

16時に始めた練習は、気がついたら17時20分になっていました。 一息ついてもう少し。 18時を過ぎた頃、お互いに納得し、ジ・エンドとなりました。

はっちゃんに勧められるままに、キリンのノンアルビール、ノンアルワイン、ノンアルスパークリングワインをご馳走になり、キノコパスタも。 楽しんでいると、ひょっこり現れたのは、はっちゃんの長男、蔵武(クロム)君と友達のそら君。 いい若者たちだ。 久しぶりの再会だ。 気分がいい。 今日はいい日だ。 明日の動画制作・収録はきっと上手くいくぞ!

※ 右、蔵武君、中央、そら君。

1636289960287.jpg

 3月11日に、札幌市内にある北海道演劇財団所有の小劇場「シアターZOO」で行われた「第464回 東日本大震災復興支援 無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。 

動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。  

                  ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・

         東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                  北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ