記事一覧

<大震災チャリティin土浦 その5 ”羽ばたけ!若い芽の音楽家”>

11月12日はリハーサル後、つくば市の「ホテル日航つくば」に宿泊し、市内のイタリアンレストランで夕食会。 翌13日にはお隣の土浦の教会で、午前と午後にチャリティコンサート。 共演のピアニスト、荒井玲奈さんはチェロと共演初体験で、よい演奏を目指そうと一生懸命ピアノに取り組むお姿は美しくもあり、小生の心に響きました。 幸せな2日間でした。 

アンコールで弾いたシューベルトの「鱒の第4楽章」。 ヴィオラを弾いた清水悦子さんとの再会は50年ぶり?でしょうか。 

       1636791929538, 

悦子さんは、小生が桐朋学園学生時代、親友だった岡山直之君の妹さん。   我が友を皆がチョクさんと呼び、彼はピアノがずば抜けてうまく、学内で目立つ存在でした。

チョクさんは期末の実技試験でいつも小生の伴奏をしてくれたし、卒業して日本フィルの入団オーディションで、ドボルザークのチェロコンチェルトの1楽章を弾いた時も、オーケストラパートをピアノで弾いてくれました。 

2人はよく酒を飲みました。 学校近くのラーメン屋さんで餃子や野菜炒めをつまみにビールをガブガブ飲み、酒も飲みました。 福島が実家の彼は、正月休みも故郷へ帰らず、我が家に泊まり込んでいることもありました。 そのチョクさん、若くして遠くへ旅立ちました。 何ということだ。 もし、元気でいてくれたら、日本中、2人で演奏の旅ができたのにって、悲しく悔しく何とも言えない気持ちになったものです。

そのチョクさんの妹さんの悦ちゃんと、室内楽を一緒に弾けるなんて。 チョクさんが引き合わせてくれたのかも知れません。 兄妹だから、やっぱり似ています。 チョクさんの面影を何となく感じる悦ちゃん。 「鱒」の演奏中、礼拝堂のどこかで、チョクさんが笑みを浮かべてこちらを見ているような気がしました。

「鱒」でヴァイオリンを弾いたのは内山恭子さん。 彼女を育てたのが清水悦子さん。 悦ちゃんのお弟子さんです。 内山さんと一緒に弾いたのは「鱒の第4楽章」だけでしたが、彼女には豊かな音楽性を感じたし、音色が柔らかくて美しく、基礎もしっかりしています。 これから大きく羽ばたく素質を持っているヴァイオリニストだと思いました。

右、内山恭子さん、左、荒井玲奈さん。

          1636791944485,, 

この日、「鱒」に必要なコントラバスが準備できなかったため、バスのパートを箕輪成美さんがピアノで弾き、低音で全体をしっかりと支えて下さいました。

つづく。

 3月11日に、札幌市内にある北海道演劇財団所有の小劇場「シアターZOO」で行われた「第464回 東日本大震災復興支援 無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。 

動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。  

                  ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・   ・・・・・

         東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                  北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ