記事一覧

<じいたん子ども基金 収支報告 11月分>

じいたん子ども基金 収支報告 11月分」 をご報告させていただきます。

                【基金収入の内訳】

① チャリティ コンサート会場で募金   ② 基金の口座へ振込み   ③ 手渡し 

● 収支報告は、2012年12月31日(初回) にご報告以後、毎月末にご報告して参りましたが、月の下旬から翌月にかけて演奏旅行などがある場合は、ご報告が翌月になることがございますので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。
        
      ●今月お預かりしたご寄付
                                          
(1)11月4日に札幌市手稲区の「玄米ご飯カフェ・じょじょ」さんで行われた第465回東日本大震災支援チャリティコンサートの募金¥26,500(10日に入金・入場者:21名)

※ 活動費のご支援もありましたが、11月9日更新のブログでご報告させて頂きました。

(2)11月14日にサトウ アヤコさん ミヤコさんから\5,000
 
(3)11月13日に茨城県の「土浦めぐみ教会」で行われた第466・467回東日本大震災支援チャリティコンサートの募金¥242,991(14日に入金・2公演の入場者:約130名。 シミズ エツコさんから振り込み)

※ 東日本大震災復興支援チャリティコンサートを行なう場合、多くの場合経費は自己負担ですが、<466・467>ではスタッフの方々が宿泊費と航空運賃(チェロの機内持ち込み料金を含む)、拙宅⇔新千歳空港間のタクシー代をご負担くださいました。 
                                                                                      
  (4) 11月24日にハラ セイコさんから¥5,000

  (5) 11月25日にクニタ ヒロコさんから¥10,000
                                                 
  (6) 11月25日にクリヤマ ルリコさんから¥5,000

(7)11月26日にメグミノ7 タカハシ サトシさんから¥10,000

(8)11月29日菊池勝祀さんから¥10,000
                                                                                                                                                                                                                                               
 (菊池さんは11月23日に小生個人の口座に¥20,000を、お振込みくださいました。 使途についてのご指示はありませんでしたので、これまで通り¥10,000は活動費その他にさせていただきました。)

(9) 11月28日に札幌市清田区美しが丘地区センターで行われた第468回東日本大震災支援チャリティコンサートの募金¥43,120 (29日に入金・入場者:85名)

※ 演奏の合間にバックステージのスクリーンに被災地で撮影した写真をご覧いただきながら、被災・復興状況を話しました。

IMG_20211128_112646.jpg

※ 主催者の美しが丘地区センターは、活動費の募金箱も置いてくださいました。 募金額は¥29,000でした。 ほか、主催者は活動費として¥5,000をご負担くださいました。

(10) 11月28日に山田真祐子さんと、はるかちゃんから¥10,000(468のコンサート会場で・29日に入金)

(11) 11月29日にマツモト ショウシュンさんから¥100,000

(12) 11月29日にCOOさんから¥3,000

今月は上記の11名の方と、4回のチャリティコンサートにより、多くの方々からご厚情が寄せられました。 

「じいたん子ども基金」へのご寄付額¥470,611】 でした。 本日、11月30の16:00頃〆ました。   

IMG_20211130_125836.jpg

IMG_20211130_170039.jpg

 11月の支援ご報告

<1> 公益社団法人 札幌ユネスコ協会の東日本大震災 子ども支援募金 
      「ユネスコ協会就学支援奨学金・東日本大震災復興育英基金」へ¥100,000

IMG_20211130_090747.jpg

IMG_20210603_151337.jpg


IMG_20210925_094237.jpg

※ 日本ユネスコ協会連盟は、自然災害発生後の教育支援と減災教育、東日本大震災子ども支援、 ユネスコ協会就学支援奨学金制度、また、カンボジア、アフガニスタン、ネパール、ミャンマーなど、途上国の学びを支える世界寺小屋運動ほか、さまざまな教育支援も行なっています。

(下の写真は2019年度の活動レポートより)

IMG_20210901_102032.jpg

<2> 福島県須賀川市のみんなの食堂 (子ども食堂) ”わらりら・ココヨリ” の食材費等」に¥50,000

IMG_20211130_090809.jpg

<3>「NPO法人 子どもたちのいのちを守る会 ふくしま ”子ども食堂いのせんひろば”の食材費等」に¥50,000

IMG_20211130_090827.jpg


12いのせんひろば (2)

<4>「NPO法人 3/11甲状腺がん子ども基金へ¥50,000

IMG_20211130_090842.jpg

<5>「NPO法人青空保育たけの子、子ども食堂の食材費等」に¥50,000

IMG_20211130_090856.jpg


DSCN4183.jpg 

※ <1>~<5>の振込手数料は計¥500。 手数料の関係で一旦小生個人の口座から振り込みました。

以上、今月の支援をご報告させて頂きました。
 
● 第1回~ 第468回チャリティ・コンサートまでの総入場者数

約33,427名 (2021年10月31日までの総入場者数) +236名(2021年11月の入場者)=
約33,663名 (2021年11月30日までの総入場者数)
 
● 第1回~ 第468回チャリティコンサートまでの総義援金額
                    
¥45,873,109(2021年9月30日までの総義援金額)+¥147,000 (10月単月分)=
¥46,020109(2021年10月31日までの総義援金額)+¥470,611(11月単月分)= 
¥46,490,720(2021年11月30日までの総義援金額)   

皆さまの温かなお志のおかげで、上記の支援を行なうことができました。
心より感謝致しております。 ありがとうございました。

今後も東北復興支援、災害被災地支援活動を続けて参りますので、引き続き ご支援をよろしくお願い申しあげます。

※ 3月11日に札幌市内の北海道演劇財団所有の小劇場、「シアターZOO」で行われた「東日本大震災復興支援 無観客チャリティコンサート」の動画を配信中です。 


動画はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  ・・・こちらもよろしくお願いいたします。


※※ 動画配信無観客チャリティコンサート第2弾の収録は、斎藤歩さんはじめ、北海道演劇財団付属劇団「札幌座」の役者さんと、鳥居はゆきさんのご協力を頂き、(ピアノ共演と会場の無償提供)11月8日(火)に、札幌市中央区にある築102年のレンガ造りの質蔵を改造したカフェレストラン「Lakura」で行われました。 


配信開始は12月になってからですが、日時は追ってこのブログでお知らせ致します。 


コメント

感謝申し上げます

土田様
いつもありがとうございます。
この度のご支援で、今年度、計37万円ものご支援を頂戴しました。大震災から10年経ったっとはいえ、まだまだ以前の生活に戻れていない方たちが沢山いらっしゃいます。子どもさんたちもそうです。学習や、部活動などの学校生活に対しての経済的援助は本当に助かると思います。
また、ユネスコの活動もご丁寧にご紹介いただき、重ねてお礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

続けさせていただきます。

こちらこそご丁寧にコメントを頂きありがとうございます。 支援が続けられるのは、2年近くもコロナで支援コンサートが出来ずにいた時も、銀行の口座にお振込みくださった皆様のおかげです。
貧しい家庭の子どもたちが、もし進学を諦めるようなことがあったら、あまりにも悲しすぎで、この国に将来はありません。 トシは取っても元気でいる限り、これからも続けさせていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ