記事一覧

<大震災チャリティ動画第2弾 そのⅤ>

一昨日(2月1日)更新したブログの続編です。

大震災チャリティ動画第2弾の7曲目・・・今日はショパンのノクターン第20番嬰ハ短調のご紹介です。 

1995年、58歳の時、初のCDソロアルバム「チェロ名曲選」を制作し、その2年後に再びCD制作に挑戦しました。 1997年9月10日~11日、ところは東京都三鷹市芸術文化センター「風のホール」。 ソロアルバム制作第2弾「チェロの旅」では、17曲を収録したうち、小生にとって超難曲が3曲ありました。

IMG_20220203_093347.jpg

リストの「愛の夢」、(編曲、ガスパール・カサド)、ショパンの「ノクターン第2番変ホ長調」、(編曲、ダビッド・ポッパー)、そして動画第2弾で弾いた「ノクターン第20番嬰ハ短調」、(編曲、グレゴール・ピアティゴルスキー)の3曲でした。

編曲した3人は、チェロの名人として活躍した人だけに、幅広い音域にわたってかなり高度の技巧がちりばめられています。

録音の日、マイクを前にすると小生は恐怖心に襲われ、この難曲3曲の録音は小生の手には負えないと、弱気になってしまいました。 気持ち的に本当に追い詰められてしまったのです。 しかし、ディレクターとピアニストの小森谷裕子さんに励まされ、よし! やってみよう! という気になりました。

小森谷さんは、小生の気持ちが和らぐように優しい笑みを浮かべ、きのうの練習では とてもきれいに弾いていたのだから絶対大丈夫ですよって背中を押してくださったし、テスト録音を聴いたディレクターは、いつも音程がどうのこうの、何かと厳しく問題点を指摘するのに、この時はいつもと違って、とてもいいですよ・・本番もその調子でいきましょう・・と、小生の気持ちが少しでも楽になるように励ましてくださいました。 このように、小生は、お二人に支えられて無事に録音を終え、CD「チェロの旅」の誕生となりました。

IMG_20220203_093302.jpg

それから25年。 動画第2弾の収録では、崖っぷちを歩くような、清水の舞台のような追い詰められた精神状態ではありませんでしたが、ピアティゴルスキー編曲のショパンはやはり難しかったです。

動画第2弾でショパンのノクターン第20番嬰ハ短調が始まる時間は45:33です。

1642458136016.jpg

つづく。

チャリティ動画第1弾はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE

(2021年3月13日配信開始。)

チャリティ動画第2弾はこちらです。 ☞    https://youtu.be/FSd0R9MAYnc

(2021年12月26日配信開始。)
 
       東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                             北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ