記事一覧

<ユネスコ協会 東日本大震災子ども支援>

札幌ユネスコ協会から 、<東日本大震災子ども支援募金 ユネスコ協会 就学支援奨学金 レポート2020>が届きました。

IMG_20220325_151340.jpg

【UNESCOは、教育、科学、文化の分野において、国際協力を通じて平和な世界を目指す国連の専門機関です。 「教育や科学、文化の振興を通じて、戦争の悲劇を二度と繰り返さない」との理念に基づき、1945年にUNESCO憲章が採択、1946年に創設されました。(公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟 2020年度 活動レポート)より。】

「世界寺子屋運動」 「一杯のスプーン」 「未来遺産運動・世界遺産活動」など、ユネスコ協会が様々な支援活動を行なっている中で、「じいたん子ども基金」は、「東日本大震災子ども支援、ユネスコ協会就学支援奨学金とMUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」に支援をさせていただいております。

それは、被災により現在も経済的に困窮している家庭の子どもたちが、進学を諦めることなく、これからも学び続けることができるように、少しでもお役に立てれば・・という思いからです。

IMG_20220325_151705.jpg

ユネスコ協会の2020年度の実績は以下の通りです。

※ 受給者数:508名。

※ 支援地域:岩手県 宮城県 福島県。

※ 奨学金給付額:1億2228万円。

IMG_20220325_151933.jpg

2020年度の「じいたん子ども基金」からの寄付額:73万円。

※ 2012年12月10日に基金を開設以来、毎月末にその月のご寄付額、支援額、支援内容を、ブログ、「土田英順のボストンバッグにチェロと酒」でご報告しておりますので、ご参照いただければ幸いでございます。

※ 奨学生からのお便り。

宮城県南三陸町・中3・女子

「私は小さい頃から保育士になりたくて、中学校でも一生懸命、勉強を頑張ってきました。 高校に入ったらいま以上に勉強をして、夢に向かって頑張りたいと思います。 奨学金ではリュックサックや制服、定期券など高校で必要なものを購入したいと思っています。 大切に使わせていただきます。 震災から10年が経ちましたが、いま感じることは「命の大切さ」です。 命があればいろいろな方々に支えられながらでも生活ができ、夢を見ることもできます。 けど、できなかったたくさんの命もあります。 私は生かされた命を大切にして日々を過ごしたいと思います。」

保護者から。

宮城県女川町。

「募金をしていただいているみなさんのおかげで、息子は学校へ通うことができています。 いただいているお金は、通学用の電車の回数券や、寮生活で必要な日用品などに使わせていただきます。 息子も、世の中で困っている人を助けられる人になるよう、学校でしっかり勉強や職場体験をしてほしいと思います。」

つづく。

次回はユネスコ協会が震災後10年間で取り組んだ、「東日本大震災子ども支援」の主な活動ついてお伝え致します。

       ※ 東日本大震災復興支援チャリティコンサート動画を配信中です。


     第1弾はこちらです。 ☞  https://youtu.be/gtQXuddBmTE  


   (2021年3月11日に北海道演劇財団所有の小劇場、「シアターZOO」で収録)


   第2弾はこちらです。 ☞  https://youtu.be/FSd0R9MAYnc


   (2021年11月8日にLAKURAで収録)


   チェロ 土田英順  ピアノと歌 鳥居はゆき


            東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ