記事一覧

<第470回東日本大震災復興支援チャリティコンサート>

一昨日(5月22日)、470回目の東日本大震災復興支援チャリティコンサートが行われました。 

コンサート会場は札幌市手稲区富丘の「玄米ご飯 カフェ じょじょ」さん。 拙宅は厚別区ですが江別市に近いところ、じょじょさんは小樽市に近い手稲区。 市営地下鉄東西線の終点、新札幌駅からもう一方の終点駅、宮の沢駅まで行き、そこから車で12~13分行った手稲山山麓に「カフェ じょじょ」があります。 人口197万人(2020年10月)を超える札幌市は広いです。

前回のコンサートは3月6日に札幌市内で行なったチェロリサイタルで、コロナ禍のためコンサートは未だに少なく、2ヵ月半ぶりのコンサートでした。 

久しぶりに手にしたケースに入れた9,2kgのチェロは重かった。 これまでに感じたことのない重さ。 体力の低下? 衰え? 誰しも加齢とともに身体の機能は衰え、体力がだんだん低下していくのは仕方がないこと。 

毎日練習をしているからか、チェロを弾くこと自体は体力の衰えを感じることはないのですから、ありがたいことと思わなければいけません。 これからはハードなスケジュールは避けること、自分の身体に無理のない活動を心がけていけばよいのでしょう。

この日のコンサートは、札幌ユネスコ協会初代広報大使就任後、初めてのコンサートでもありました。 ご来場のお客さまは17名。 その中には、ユネスコ協会会員のお姿もありました。 嬉しかった。

聴衆17名の小さな小さな復興支援チャリティコンサート。 小さなことでも根気よく積み重ねていけば、それはやがて大きなものになる。 この日で470回。 皆さまからお預かりした募金・ご寄付は4700万円を超えました。

ヴェラチーニのラルゴ、JSバッハのブーレ、メヌエット、ショパンのノクターン第2番、ラフマニノフのヴォカリーズなど、バロックからロマン派までの名曲を弾き、合間にはユネスコ協会のさまざまな活動のうち、「東日本大震災子ども支援」と、発展途上国への「寺子屋運動」の話をしました。 尊い支援活動を続けるユネスコ協会への市民の皆さまの関心が高まるよう願いながら。

 unnamed.jpg  

募金箱には¥19,000。 M・Nさんからも¥2,000、きょうこさん、とく名の方、菅原ひとみさんからは活動費のご支援がありお預かりしました。

皆さまのご厚情に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

           東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ