記事一覧

福島の子ども南幌キャンプ 5 <最後の晩餐>

8月5日。 この日は南幌キャンプの最終日。 福島の子どもたちは、翌日の夕方、苫小牧港からフェリーに乗り仙台港経由で福島へ帰ります。

ちょいと大袈裟ですが、 「最後の晩餐」 を子どもたちと共にしました。


このキャンプに参加した子どもは19名。 スタッフの皆さんを含めると30名ぐらいになるのでしょうか。 勧めらえた席に着席し、子どもたちに囲まれてテーブルに置かれたご馳走を、一緒に頂きました。


小生はビールと白ワインにツマミ付きの特別メニュー。 


《おじちゃん、それなぁに?》 隣りの子はツマミが気になるようです。 

” 食べてご覧”  ひとつあげるとおいしい、おいしいと、半分ぐらい食べてしまいました。 この子はきっと酒飲みになるな。

みんな好き嫌いもなく、モリモリ食べるよい子たち。

食後は30~40分ぐらい間をおいて、みんなは近くの 「南幌温泉」 へ行きました。


この日は暑くて暑くてホントに大変でしたが、大西直子さんはじめスタッフの皆さんのご親切が嬉しく、また、元気で明るい子どもたちがチェロを楽しそうに聴いてくれたし、一緒にご馳走をいただくことが出来、幸せな一日になりました。

スタッフの皆さん、ありがとう!


南幌キャンプ訪問、大正解でした。

三重湖の木立ちに沈む美しい夕日さん、さようなら  ” また来年来るよ”


『福島の子ども南幌キャンプ』  おわり

          東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660


ご支援、よろしくお願い申し上げます。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ