記事一覧

<うっすら見えてきた大震災チャリティ500回>

2011年3月29日に始めた、東日本大震災復興支援チャリティコンサート。 場所は札幌市内で、小生、74歳の時でした。 震災発生後、全国の各地からボランティアの皆さんが東北の被災地に入り、がれき類を片付けたり、泥水をかき出したり、炊き出しをして被災者を励ましている様子が報道され、みんな偉いな・・自分もそこへ参加したいが、年寄りが行っても足手まといになるだけか・・と、二の足を踏んでいました。

そうだ! 自分にできることをやればいい! チェロを弾くしか能がないなら それをやればいい!

そこでチャリティコンサートを始めましたが、何歳までとか、何回ぐらいやろうとかは全く考えていませんでした。 

100回目を迎えた時でした。

このチャリティ活動でお世話になったことがある、新ひだか町 桜丘小学校の佐藤税 校長先生から、「ミニチェロ」の贈呈がありました。

「ミニチェロ」は、小生の当時の愛器、「ニコロ・ガリアノ」の写真をもとに、ノコギリや彫刻刀を使って精巧に作られた芸術品で、材料はイチイやホウノキを使用しています。 弓の毛は、帯広のばんえい競馬の本物の馬の尻尾で、苦心の名作の製作者は帯広の工芸作家、谷内日出夫さんです。 この作品には、小生のチャリティ活動を応援する、お二人のお気持ちが込められているのです。

IMG_20221018_122254.jpg

お二人のお気持ちが嬉しく感激したのですが、心の片隅に引っかかるものがありました。 「100回記念」の「記念」です。

「○○交響楽団創立○○周年記念コンサート」、「○○デビュー○○周年記念コンサート」のように、「記念」の二文字は明るくおめでたいイメージがあります。

しかし、小生が行なっているこの活動は、多くの犠牲者を出した東北の被災地復興のため。 一日も早い復興を願いながら、被災した人たちを支援することが目的の活動で、コンサートを何回やろうと、明るく祝うような気分にはなれないのです。

これまでに行なった大震災チャリティコンサートは473回で、現時点では482回まで予定されています。 

先日、友から「500回目」は、札幌コンサートホール・キタラで記念コンサートをやったら?と、提案がありました。

そういった目標があると励みになるのは確かです。「記念」の二文字を外して、これまでの第5回・・・ 第55回・・・と同じように、「第500回 東日本大震災復興支援チャリティコンサート」にすればよいのかな。 

            東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660   

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ