記事一覧

<ともに汗を 恵まれない子どもたちのために>

小生のところには、支援活動を行なっている10ヵ所以上の団体から活動報告と、寄付用の振込用紙が送られてきます。 

その中のひとつが「特定非営利活動法人 ワールド・ヴィジョン・ジャパン」です。 正確には覚えていないのですが、1987~1988年頃だったでしょうか。 新聞に掲載された「ワールド・ヴィジョン・ジャパン チャイルド・スポンサーシップ」の広報記事に心を打たれ、東京都新宿区の事務所に(現在は中野区に移転)電話をして資料を送ってもらい、その後、子ども1人のスポンサーになりました。

その子は、フィリピンの離島に住む貧しい家庭の男の子で、その子が入学してからハイスクールを卒業して社会人になるまで数年間、毎月¥4,500を小生の銀行口座から自動引き落としでお金を送り続けました。

当時は札幌交響楽団に在籍しており、毎月の給与と、年2回ボーナスが支給されていたし、そのほか、室内楽活動の演奏謝礼で ささやかながら収入がありましたから、心ばかりの支援なら可能だったのです。

その子が教育を受けて成長し、社会人として世に出た時、小生は60歳となり、オーケストラを定年退職して年金生活の身となりました。

その男の子へのスポンサーシップは終了しましたが、「ワールド・ヴィジョン 」からは、次の子どものためにスポンサー継続の要請がありました。

小生はスポンサーは続けられないことを伝えました。 しかし、その後も毎年、世界の貧しい子どもたちへの支援の必要性や、支援実績などの報告、寄付用の振込用紙が送られてきます。 

別の支援団体では、小生が毎月些少ながら「じいたん子ども基金」から送金を続けている「3・11甲状腺がん子ども基金」は、事務局長が以前、札幌市内にあるテレビ放送会社に勤務していた人で、小生が東日本大震災復興支援活動を行なっていることをご存知なのです。 ですから小生とチャリティコンサートを開催すればよいのに、と思うのです。 年に1度でも継続して開催すれば、少なからず子どもたちの甲状腺がん検査費・治療費の助けになるのではないか・・と思うと残念です。

活動報告をお知らせくださる他の団体も然りです。 支援業務が多忙でコンサートどころではないのでしょうか。

どうでしょう、支援団体の皆さん、東北の子どもたちのために、チャリティコンサートで ともに汗をかきませんか。 お金のご負担はおかけしません。 どこへでも行きますよ。 

              東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                  (2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ