記事一覧

<本州へチェロの旅 ②・孝行娘>

《パパ、久しぶりに会いたいし、パパのチェロが聴きたいから土浦のコンサートに行くよ。》

横浜に住んでいる娘からLINEが着信したのは、1月9日でした。 14日午前中の子ども向けのコンサートと、午後からのチャリティコンサート両方聴きたいと。 前日13日の朝早く家を出て、リハーサルも聴きたい、車で1人で行く。 その日はパパと同じホテルを予約したよ・・って。

娘は昨年7月、帯広音楽鑑賞協会主催のコンサートに高校生の孫娘と来てくれたっけ。 コンサートの前日に帯広に来て、2泊していった。 それ以来だな。 嬉しい。

1月13日。 一夜明けてこの日はリハーサルの日。 朝、出かける前にホテルの部屋で音を出さずに20分練習しました。 毎度のことなんですが、練習と言う程のものではありません。 左手は指先で弦をしっかりと押さえ、力まずにビブラートをゆっくりかけて腕の筋肉をほぐします。 右手は弓の元でも先でも弦になるべく同じ圧力をかけることができるように、弓を持つ手のひらの筋肉、腕・肘が楽に使えるように、肩に力が入らないように、音は出さずに筋肉をほぐします。

スポーツ選手で言えば試合前の柔軟体操でしょうか。 小生はチェロを始めたのが遅く、その上、不器用なので、他のチェロ弾きと同じような練習をしていたんじゃ、この世界に生き残れないと、ずっと思ってきました。 工夫をして自分に合ったやりかたを考え、実行しないといけません。 

ほかのチェロ弾きからすれば、何もそこまでやらなくても・・と笑うかも知れません。 お笑い下され。 我、我が道を行く・・です。

この日、ピアノとのリハーサルはコンサート会場の「土浦めぐみ教会」で10時から。 

1673596845667.jpg

しかし、ピアニストの荒井玲奈さんには30分後に来るようにお願いしました。 音無し練習ではなく、今度はチェロが充分鳴るように遅いテンポで音階練習をしたいから。

玲奈さんとは一昨年11月以来2度目の共演です。 彼女は現在、桐朋学園大学音楽部修士課程に特待生として在学中で24歳だそう。 年齢差は62。 お爺さんと孫の共演だ。

つづく。

              東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                  (2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ