記事一覧

<居住者わずか60名 復興道半ば 福島県双葉町>

東日本大震災支援を通じて親しくなった宮城県在住の友から、「河北新報」に掲載された震災関連の記事が送られてきました。 「河北新報」は宮城県仙台市に本社を置く新聞社です。

記事は今月3日、福島県双葉郡双葉町長が、福島県議会復興特別委員会に招かれ、原発事故後の町の歩みと現状を語った記事です。

国から双葉町に協力要請があった、汚染土等、除染廃棄物を入れたフレコンバッグの中間貯蔵施設受け入れ問題。 町長は、他に受け入れてくれるところがないからと、受け入れを決めたのは苦渋の決断だったそう。

約束の県外移転は2045年までに。 しかし、法律は書き換えることができるので、と、町長は警戒しています。 

昨年8月、全町避難が解かれた双葉町は、被災地で唯一全町避難が続いていました。 しかし解除されたと言っても、「避難指示解除準備区域」と、JR双葉駅周辺等の一部区域で住民の居住が可能になっただけです。

現在、町の人口は5500人。 しかし、町内の居住者は町長を含めてわずか60人。 意向調査では他所に避難している町民の6割が戻らないそう。 戻らないというより、戻れないのでしょう。 60人の中には子どももいると思いますが、学校は・・幼稚園は?

《60人はどうしようもない数字。 でも諦めたら町の復興はない。》と、町長さん。 町の復興は道半ば。 復興特別委員会で支援の継続を訴えたそうです。  

原発周辺の町、大熊、浪江、富岡等も同様の状況と拝察しています。 被災地にはこのような状況のところがあるのに、オリンピックを開催して東日本大震災の復興を世界にアピールするんだとか、復興予算を防衛費に回すとか仰せられる国のお偉方。

理解に苦しみます。

小生は、3月11日に被災地の追悼行事でチェロを弾きますが、翌日帰宅予定の搭乗便を夕方の便にして、午前から午後にかけて、JR常磐線を利用して双葉町へ行くことにしました。 この町の復興状況を実際に見たり聞いたりしてみようと思います。

行ったところで何もできないかもしれない。 でも何もしないでいるよりはいい。

双葉町に知人はいません。 幸いJR双葉駅近くに「浪江タクシー双葉待機所」があるそうです。 電話で予約をして町内を案内してもらい、運転手さんの話を聞こう。 釜石や浪江でもやったこと。 被災地支援は、まず被災地を知ること。 ペンとメモ用紙も持って行こう。 町役場にも行こう。 参考になる資料があるかもしれない。

老骨に鞭打って頑張ってみよう。
 
              東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                  (2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ