記事一覧

<山元町で東日本大震災追悼行事 ⑤ 薄れたコロナ意識>

3月11日の山元町は、昼間の暖かさから一転して、夜になると急激に気温が下がりました。 午前中、「みんなのとしょかん」で練習した時は、暖房は必要なく、窓を開けて練習したぐらいの暖かさでしたが。

小生が住む札幌の冬、マイナス気温の中を散歩するのは当たり前になっていて、気温が0℃の日は暖かく感じるのですが、この日の山元町の夜は11℃。 それがとても寒く感じたのは、昼間がとても暖かく、寒暖の差が大きかったからなのでしょう。

夜、野外法要のあと、その場所でチェロを弾いてほしいと言われ、小さな野外ステージまで作ってくださったのに、この寒さの中ではチェロの糸巻きが戻って弦がたるみ、駒が倒れてしまうのが心配でした。 駒が倒れてチェロの生命線でもある魂柱まで倒れてしまうと、自分では直せません。 修理工房行きです。 野外でのミニコンサートを楽しみにしていた町の人たちの気持ちを思うと、場所を「じいたんドーム」に変更を申し出ることは、心底申し訳ないと思いましたが、やむを得ませんでした。

※ 写真左、白い布で覆われているのが野外ステージ。

IMG_20230311_101222.jpg


「じいたんドーム」へ行くと、人でいっぱいでした。 コロナに対する感染意識が薄れ、ソーシャルディスタンスなど、どこかへ飛んじゃっているようです。 感染者数は減少傾向ですが、死者は毎日です。 気を緩めずにマスク着用、手指の消毒など、続けなければいけないと思いました。

※ 「じいたんドーム」の中。 この会場が町の人たちとボランティア学生でいっぱいになり、立っている人もいらっしゃいました。

IMG_20230311_101041.jpg

小生は、マスクを着用したまま、5曲だけ弾いて、オヒラキにしてもらいました。 菊地さんの車でホテルに着いたのは20:00頃。 夕食は用意してくださったノンアルコールビールと弁当で。 部屋でぼそぼそ食べました。 

翌日12日は帰宅の日。 午前から午後にかけてJR常磐線で東京電力福島第一原発がある双葉町へ行き、町中をタクシー観光してから仙台空港へ向かうつもりです。

つづく。

     東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                  (2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ