記事一覧

<LAKURAの薔薇、葡萄、藤棚>

予約制のカフェレストランと、主に衣類等を扱うセレクトショップを経営しながら、ピアノと歌を練習し活動もしている おなご。  その名は鳥居はゆきさん。 愛称は はっちゃん又はハチ公。 

ピアノであれチェロであれ、人さまの前で演奏することは大変なこと。 毎日の練習は必須条件です。 あれこれ手を伸ばし、どれもこれも中途半端なことにならなきゃいいけれど、と、余計なお世話と思いながらも心配なのは、心から彼女の成長を願うからなのでしょう。

先日、二日続けてリハーサルで店におじゃましました。 ピアニスト、林 絵里さんと。 絵里さんは、新千歳空港からホテルに寄らずに「はっちゃんの店、LAKURA」に直行し、リハーサルを始める前に、小生と はっちゃんの料理でランチを堪能しました。 藤の花が咲き、葡萄の実がぶら下がった庭先のテラスで。

1685002610904.jpg



1685006810883.jpg



1685006820830.jpg

はっちゃんの料理は美味い。 絶品です。 これなら帝国ホテルのチーフシェフになれそうだ。

LAKURAの建物は、1919年に建てられた築100年以上も前の、古いレンガ造りの質蔵を改造したもの。 不思議なのは、種を蒔いたわけではなく、肥料をあげたわけでもないのに、玄関脇に薔薇が芽を出し、大きな木に成長して時期がくると大きな花が咲き乱れ壮観です。 庭だって何もしていないのに、突然藤の花が咲き始めたり、葡萄の実が生ったり。

                    ※ 撮影は昨年です。

              abcd6.jpg

神様がLAKURAを応援しているのかも知れません。 薔薇、葡萄、藤の花の次は、バナナやパイナップルの芽が出るか。 北国で南国の果物が採れたら奇跡だ。 頑張れ、はっちゃん! ピアノも歌も頑張れ!  

     東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                  (2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                               北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  

コメント

行ってみたいです

素敵な空間で、ステキな女性との食事と語らい、素晴らしい時間ですね。一度行ってみたいと考えています。RAKURA!

LAKURA

蔵の中にはグランドピアノがあり、ライブが行われています。 私も今月23日にチェロを弾きます。 水木が定休日で予約制のカフェレストランなので、行くときは電話をしてから行った方がよいでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ