記事一覧

<エゾリス>

江別市に近い札幌市郊外の拙宅は、緑豊かな環境の中にあります。

※ 拙宅から徒歩3分、野幌森林公園。 遥か彼方にうっすらと見えるのは藻岩山。 ここではエゾシカの親子やキタキツネに出会ったことがあります。

IMG_20220612_171759,


東京にいた頃は、車を利用すれば酷い交通渋滞に巻き込まれるし、夏になると高温と車の排気ガスで「光化学スモッグ」なるものが発生し、目がチカチカし、喉に痛みを感じたりして困ったものです。

駐車場は少なく、やっと見つけて駐車すると、駐車料金は目玉が飛び出るほど高額でした。 バスを利用すると車内は大混雑していて、チェロは邪魔になるからと、運転手さんに乗車を断られたこともありました。 東京は何とも住みにくい大都会です。

1974年、札響の当時の常任指揮者、ペーター シュバルツさんと、事務局長の谷口静司さんからお誘いがあって札幌に来て49年。 決断するまで随分迷いましたが、本当に来てよかった! 緑・緑・緑の郊外に居を構えてよかった!

先日、夕刻に散歩をしていたら、エゾリスに出会いました。 舗装した幅7~8mの道路。 左側はマンション、右側は「厚別北若葉公園」。 JR函館本線、森林公園駅の北側に広がるマンション街にあるかなり大きな公園で、木々の間には散歩道が作られています。

IMG_20230820_175112.jpg



IMG_20230817_174746.jpg

マンション側にいたエゾリスは、道路を横断して公園に行こうとしていましたが、小生に気が付いて横断するのを躊躇していました。

小生が立ち止まってじっとしていると、エゾリスは突然脱兎のごとく猛スピードで公園に走り込みました。 何故公園を出て、マンションの方へ行ったのですかね。 好奇心が旺盛なんですかね。

小鳥のさえずりは耳に心地よく、緑・緑・緑の中を きれいな空気を胸いっぱい吸いながら毎日の散歩。 健康の秘訣はこんなところにあるのかもしれません。

      東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                   (2012年12月10日)

 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ