記事一覧

<老化現象? 右足に痛み>

トシをとると時折身体に異変が起きます。 右足が痛む。 足の甲の右側踵付近と、親指の裏側に痛みがあるぞ。 何だろう、この痛み。 老化現象か。

年寄りの割には毎日長距離を歩く。 その為か。 いや、親指付け根に突然激痛が走る痛風の症状か。 風が吹いても痛むから痛風と名がついた病気。 でも激痛ではない。 酷くならないうちに病院に行くか。 いや、年金生活だ。 老夫婦は医療費がかかり過ぎるぐらいかかっている。 金がない。 この程度の痛みで病院へはどうも。 でも気になるのでネットで検索してみると。

痛風は激痛を伴い、患部が赤く腫れ上がるそう。 しかし赤くもなければ脹れてもいない。 そうか、痛風じゃなかった。 よかったな。

スポーツ選手だった友にきいてみた。 ふくらはぎをマッサージして見て、と。 ベッドに仰向けになり、片膝を立て、ふくらはぎを立てた膝にあててゴリゴリマッサージを、と。

やってみると少し痛いけど気持ちいい。 じ~んと指先までマッサージがいきわたる。 こりゃふくらはぎが相当張ってるな。 毎日歩くからかな。 チェロを弾く時だって足を使っている。 

くたびれるまでそれをやって、痛む箇所にメタックスをベタベタ貼りました。 この療法、正解でした。 痛みは日に日に軽減していく。


IMG_20231019_065815.jpg



IMG_20231019_065857.jpg
 

東北被災地巡礼演奏の旅に出るのが近い。 行かれないかと心配になりましたが。 これなら旅に出られそうだ。 あぁ、よかったな。  

     
      東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

                   (2012年12月10日)

 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

                                北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660
  

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ