記事一覧

<北海道の農村地帯で保養キャンプを続ける人々>

東日本大震災発生の翌年から、毎年夏に福島の子どもたちのための保養キャンプ、 「南幌保養キャンプ」を開催している人々。

DSCN0288.jpg 

中心になって活動している箏奏者、大西直子さんは、福島市内で行われる保養についての打ち合わせに出席して参加者を決め、保養キャンプ前後には、南幌⇔福島間を子どもたちに付き添い送迎をしています。

大西さんから頂いたお手紙の1部をご紹介させていただきます。

《・・・前略 お客さまが目頭を熱くして、英順さんの演奏をお聴きになり、中学生はみるみるうちに音で、演奏でこたえていく姿に未来を見ました・・・中略 》

《あの日、英順さんのご自宅の玄関口を拝見し、ここから膨大なチャリティコンサートに向かわれた英順さんの9年にも及ぶ日々を思わされました・・・中略  体力の限界へ挑む日々がそこにあったのだと感じました・・・中略》

《お振込みくださった支援金50,058円、更に15,000円、土田さんに寄せる皆さんからのご支援を、こちらは託されて頂戴していることを想いながら、これまで同様、手弁当、ボランティアを貫いて南幌キャンプを実施していきたいと思います。・・・中略》

《ご無理がない範囲で結構ですから、キャンプ地、三重レークハウスに遊びに来ていただきたいと思います。 お迎えにも参ります。 ご検討下さい・・・後略》

DSCN0283.jpg 

✩✩ 保護者は参加せず、福島から子どもだけで参加している南幌キャンプ。 子どもたちは、大西さんを母のように慕い、ボランティアスタッフの皆さんとも大の仲良しです。

DSCN0333.jpg 

幼い子を、遠く離れた北海道の農村地帯に1週間預けるということは、両親たちが如何に南幌キャンプのスタッフの皆さんを信頼しているかがわかります。

DSCN0316.jpg 

小生は、明日、南幌キャンプを開催している心優しい人たちが、三重レークハウスに集まるパーティに出席し、杯を傾けながらこの人たちの労を労い、来年のキャンプに向けての抱負などを伺ってこようと思います。

        東日本大震災復興支援のために 「じいたん子ども基金」を開設しました。

(2012年12月10日)

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660


ご支援、よろしくお願い申し上げます。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は500回を数え、震災後、東北には21回訪れ、被災地でのコンサートは105回に及ぶ。
(2024年1月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ