記事一覧

デビュー60周年記念コンサート <まさかそんなこと>

10月27日、日曜日の午後、札幌市中央区の 「ザ・ルーテルホール」 で、小生がデビューして60周年の記念コンサートを行ないました。

IMG_8002.jpg 

先ずは、プログラムに載せた小生のご挨拶文を。

DSCN0620.jpg 

” 本日はデビュー60周年記念コンサートにご来場くださいまして、ありがとうございました。”

よくもまぁ60年間も弾ぎ続けてきたものだと思いますが。 デビュー・・周年記念と銘打つコンサートを最初に開催したのは、45周年記念で67歳の時でした。 終演後、友人に50周年はないよ、と言ったら、まぁそう言わずに50周年、55周年とやりましょうよって言われました。 その時は、まさかそんなこと、と思ったのですが、その両方をやってしまいました。”

” そして・・  本日は60周年記念コンサート開催。 82歳9ヵ月。 1日1日、コツコツ練習を積み重ねているうちにこうなりました。”

DSCN0622.jpg 

” 長い間演奏活動を続けてこられたのは、丈夫な身体に産み育ててくれた両親のおかげです。 戦中戦後の食糧難の時代、食べ盛りの子どもを健康に育てることに、両親はどんなに苦労したことでしょう。 感謝の念でいっぱいです。”

” 不器用で、音楽の才能がない私は、これまでに演奏面で思い悩み、考え込むことが何度もありました。 悩んだ末の結論はいつも同じでした。”

【練習するしかない!】

” 自分に残された時間は少ないですが、これからも一日一日を大切に精進を続けて参りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。”

” 本日はありがとうございました。”

つづく。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土田英順

Author:土田英順
土田英順【つちだ えいじゅん】
音楽家・チェリスト。
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。
ボストン交響楽団およびボストンポップスでも演奏(1969〜1970)。現在ソリストとして活躍中。
全国各地、19都道府県での「東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート」は501回を数え、震災後、東北には22回訪れ、被災地でのコンサートは111回に及ぶ。
(2024年3月現在)
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主のご遺族と友人たちの思いによってボロボロになったチェロを譲り受け、蘇らせた。
チェロの音色が天国に届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でる。
2014年12月「第17回まちかどのフィランソロピスト賞(社会貢献)」受賞。
2015年10月「札幌芸術賞」受賞。
被災したチェロを使って録音した CD「祈り」発売。
音楽人生をまとめた著書「チェロ弾き英順 音楽の人生(たび)」出版。
第6回 全国新聞社出版協議会 ふるさと自費出版大賞において優秀賞受賞。
2017年11月 ソロプチミスト日本財団より「千嘉代子賞」受賞。
2019年10月 デビュー60周年記念チェロリサイタルを開催。
2022年4月 札幌ユネスコ協会初代広報大使に就任。

2012年12月「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」開設。
基金は被災地の方々のために使われている。
【北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 口座名 東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

カテゴリ